名古屋でセフレ欲しい

尽くしてなんぼ。男性向け“尽くし”のテクニック

彼氏に尽くす女性、というのはよく聞く話ですが、
では、彼女に尽くす男性、とはいったいどうなんでしょうか?

セフレ欲しいけど、作り方がわからない。
セフレ欲しいけど、好みの女には見向きもされない。
セフレ欲しいけど、できたことがない。

ここでは、セフレが欲しいのにできない人にもオススメな
今日からできる簡単恋愛術を教えます。

+αの時間の使い方が尽くしになる。

女性は、比較的男性に対して“尽くすこと”に苦を感じないタイプが多いように思います。
その証拠に、女性向けの恋愛コラムや恋愛本には女性が男性に“尽くす”ことを
銘打った内容がたくさんあります。
では、男性はどうでしょうか?あまり男性が女性に尽くすって聞かないですよね?

私からすると男性は仕事もして、稼いで女性を養っているといった点で
広義の意味で男性は女性に対し、
これでもか!と“尽くしている”タイプが多いと思うのですが、
日常の生活では、あまりそのことを“尽くしている”と意識する人はいませんよね?

私がオススメする恋愛術は、日常生活の中で女性に意識してもらえるように
あなたが女性に“尽くす”ことなんです。
では、それは具体的にはどういうことなのでしょうか?

よく女性の中には、“尽くす”ということを“お金をかける”と間違っている方がいます。
つまり“貢ぐタイプ”というやつです。これ、実はかなり使える恋愛術なんです。
もちろん、バカの一つ覚えに貢いでいては、
相手を調子にのせてしまうばかりか、あなたすら軽く見られてしまい、
到底セフレになってなどもらえません。

“お金をかける”というのはあくまでもメリハリが必要で、
尽くすときに本当に必要なことは、“時間をかける”ということなんです。

ちょっとした旅行のおみやげに、ちょっとしたものを選んでプレゼントする。
ちょっとした買い物のついでに、ちょっとした飲み物を買っておごってあげる。
ちょっとした食事や飲み会でも、ちょっとした女性好みのお店を予約してあげる。
(もちろん、予約したのはあなたですから、多めにお金は出してくださいね。)

日常的に行っている行動の中にちょっとした時間的+αを女性に対しかけることが、
女性への気遣いになり、女性から喜ばれる“尽くし”になるんです。
ただお金をかけているだけではダメなんです。
さりげなく、女性との日常の中に刷り込ませるように尽くしていかなくてはいけないのです。

本当は面倒だと思っている女性のくだらない話にもちょっと真剣に聞いてあげたり、頷いてあげたりする。
これだけで、女性からは“親切な人”“気遣いができる人”と思ってもらえたりもします。

九州男児や俺様が流行っているような時代もありましたが、女性は男性に大切にされてこそ輝けるもの。
間違えた尽くし方ではなく、女性の記憶に残る正しい尽くし方で、彼女の心を射止めてみてください。

その他
  • めっちゃセフレが欲しい。素敵な人がセフレになってくれたらな。
  • 尽くしてなんぼ。男性向け“尽くし”のテクニック
  • 嘘は失敗のスパイラル
  • セフレができたらまずは何をしたい?